1994米
The Shawshank Redemption

評価5 

絶対にネタばれを読んではいけない映画。
名作


 

この作品はふと眼に入ってリストアップしていたため、宣伝、評価、あらすじの知識が全くない状態で鑑賞した。

もちろん、ラストがああいった展開になる事も予想していなかったし、そういった点でただ辛いと感じるシーンがあまりにも多かった。でも画面から全く目が離せず、なんの作業も同時進行できなかったのは、主人公のアンディーの人間性とそれを見守るレッドのやりとりが飽きを全く感じさせなかったからだ。

この映画自体、話がたくさんつまっていてそして長い。だが、飽きなかった。どの話もひとつひとつ重要で全てが積み重なっているからこそラスト、とても感動した。あまりにも劇的変化過ぎて、映画をいったん見終わって、特典映像の映画の宣伝を見たら涙が出た。辛い話だ。めちゃめちゃ辛い話だった、確かに。そのなかで変化を得ていくアンディーに、とてもわくわくした。それで終わらないのが彼だった、いやあ、びっくりした。

ほんと、映画の宣伝見て無くてよかった。
見てたら前半が辛くてラストばかりに気がいってしまった気がする。

宣伝文句が映画の評価を落とす事ってあるのだなあと思った。

ビデオレンタル屋でふと目に入って、という出会いをして正解だった映画。辛くて不条理な気分でいっぱいにさせられたけど。「終身刑とは・・・」のくだりがとても印象的だったな。まさかあんな綺麗な青い海が出て来るとは思わなくて、つまり、感動してしまった。