2013.10.22

記念すべき今日という日に誓うことは





DSC_1115


よーし、毎日論文ひとつは読むぞ…
おっそい、あまりにおそい。

四ヶ月に及んだ調査が終了した。
あまりに長かった。
毎日毎日絶望の感覚を麻痺させるのに必死で現状から目を背けた罰が今まさに執行されている気がする。今は自己嫌悪と妬みばかりで無い物ねだり癖は長年一向に改善しない。

積み重なったデータからもしかしたら、もしかしたら、もしかしたら、なんか出てくるかもしれん。あまりに淡すぎる。どれほど勉強が足りなかったか。卓上論にどれだけ踊らされたか。研究者にいかに向いてないか嫌ほど実感する。どのジャンルでもそうだ。自分にはこれだけしかない、という強迫観念ではなく、好きで好きでしょうがなくてひたすらそれを追い続ける人間が羨ましくて妬ましくてしょうがない。自分が凡人であることに失望するような、凡人だ、自分は。しょうもねえ。自分の怠惰を一番よくわかっていて、どうして慰める人間にありがとうと言えよう。愚かしいにも程がある。この期に及んで、もう一度チャンスを望む。とってもあほらしい。自分を過信する人間が一番愚かしいのになあ。まだ自分に失望しきれない。

そんなことは今はどうでもいい。
それを忘れてしっかり論文を書き上げろ!
という意思を新たにし、今夜もこまけえ数字と向き合います。

こんな記事書いてる時点で相当病んでるよなあ
殆ど誰も見ない所にごっそり書き出す快感というやつ。
あかんわ、なにも考えなくていい日々に戻りたい。
能ある鷹は爪を隠す的な、長年憧れてるけど、自分には無理だなーとほんとに思うわ。やっぱバカなんすねえ笑


あーもう、お絵描きしたいんだって!!!!!!!!
時間を!時間だけを!ください神様!!

なんでこんなインドア派な自分が四ヶ月もフィールドワークやってたんだろと思う。では絵の道に進んでいたらどうだったか。だなんて。考えてみただけで吐き気がする